高反発マットレスおすすめランキング

ステマなし。数ある高反発マットレスブランドをプロの目線でズバっと評価します。

高反発マットレスおすすめランキング

このページは高反発マットレス探しを本気で頑張ってみたけども、結局どれが良いのか判断つかないという人の為に、寝具のプロの私がおすすめする高反発マットレスを紹介するページです。もう選ぶのに疲れたという人に特に必見のページとなっております。まだまだ悩みたいという人は当サイトの高反発マットレス理論をご覧ください。

1位 ヨーネルコ(YONERUKO)
Point

密度、反発弾性、保証の3拍子が揃ったコスパに優れたマットレス

YONERUKO(ヨーネルコ マットレス)ロゴ

ヨーネルコ マットレスは密度30D、反発力190N、反発弾性41%、8万回圧縮した場合のヘタリ率1.7%といずれも第三者検査機関のカケンの試験結果が提示されている正真正銘の高反発マットレスです。

また、30日間のお試しがシングルサイズ限定で付与されており、購入者は30日間使った後に満足できなければ全くのノーリスクで返品が可能なサービスとなっています。高反発マットレスとして重要なスペック(密度、反発弾性、復元率など)の全てにおいて第三者検査機関のお墨付きがあるのは私が調べた限りではヨーネルコしかありませんし、返品するときに送料などが全くかからないお試しサービスと言うのも今のところヨーネルコしかありません。

現在このレビューをアップするまでにヨーネルコの三つ折りマットレスを半年ほど使用しています。密度30Dの安定感と適度な反発力で腰をしっかりとサポートしている感覚が感じられます。

またその性能と共にヨーネルコの価格設定にも驚かされます。シングルで16,500円、しかもセミダブル→ダブルとサイズアップしても価格が変わらないのです。こんな値段設定を私は寝具業界で今まで聞いたことがありません。ヨーネルコの公式サイトによると「価格でサイズを選ぶのではなく、使用するユーザーの環境に本当に適したサイズを自由に選んでほしい」というのがポリシーみたいです。

ヨーネルコの品質の高さと価格設定は、エイプマンパッド以上の衝撃を感じてしまいました。ダンベルテストもやってみたので結果を公開します。10㎏のダンベルを12時間乗せてみました。このダンベルテストを密度の低いマットレスで試すとものの数時間で下記の画像のように芯材が大きく変形します。つまり寝ているときの姿勢が安定せず、腰や体の節々への負担の原因になります。

密度20D~25Dとみられる激安高反発マットレスに7.5kgダンベルを3時間乗せた結果、大きな芯材の変化が見受けられました
Sleepleダンベルテスト3
10kgダンベル12時間乗せたヨーネルコのウレタンには凹みなどの変形は一切見られません。
YONERUKO(ヨーネルコ マットレス)ダンベルテスト3
完璧とも言えるヨーネルコですが、1点だけ欠点があります。それは商品ラインナップが少ないこと。三つ折りマットレス大好きな私にとっては欠点ではありませんが、人によっては折り目が気になるという人や、もう少し厚みの薄いマットレスを求める人もいるはずです。そういった意味ではヨーネルコの選択肢の少なさは欠点と言えるでしょう。ヨーネルコの今後に期待しましょう。
価格帯
16,500円
サイズ
横97cm×縦198cm×厚み10cm
密度
30D(KAKEN)
かたさ
190N(KAKEN)
復元率
98.3%(KAKEN)
反発弾性
41%(KAKEN)
重量
7kg
取扱いサイト
Amazon
Yahoo!ショッピング
ザカテリア
2位 マニフレックス
Point

マットレスにブランドを求める人はこれ

マニフレックスロゴ

我が家で使っているメッシュウィングと実家で使ってるイタリアンふとん2、そしてフラッグFXは、いずれも素晴らしいマットレスだと思います。

コスパよりも何よりもブランドの信頼度を大事にするという人にオススメのメーカーです。重要な密度は自称だし反発弾性は表記なしなのですが、なんといってもマニフレックスには高反発マットレスブランドとしての長い歴史があります。

マニフレックスは高反発マットレスだけのラインナップで50年くらいの歴史があるのです。また、それほど長い歴史のマニフレックスなのでお試しできるお店が全国に存在するというのもユーザーにとっては助かります。東急ハンズからイオンまで幅広く目にする高反発マットレスのブランドではないでしょうか。きちんと保証対応してくれる販売店選びさえ失敗しなければ、長い付き合いになること間違いなしです。サッカーの香川真司選手や野球の山田哲人選手などが愛用している高反発マットレスです。

あとは保証を受けるときにやたらハードルが高い長期保証がもっと柔軟に対応してくれるのであれば最高だと思います。

価格帯
27,606円~154,440円
サイズ
横97cm×縦198cm×厚み7cm~23cm
密度表記
自称31D
かたさ
自称170N(190Nもあり)
復元率
不明
反発弾性
不明
重量
重いのから軽いのまで
3位 Synca Shing(シンカシング)
Point

国産ウレタンメーカーによる硬さが選べるマットレス

商品は複数あるが一番売れているのはふわもち触感のやつ。密度は高めだけど厚みが8cmしかないのに2層構造は耐久性に不安が残る。上層は低反発なので温度による硬度変化の可能性も高い。タイミングによってはお試し期間なんかもあるので日本製信者にはお勧め
価格帯
19,800円
サイズ
横97cm×縦195cm×厚み8cm
密度表記
上層30mm 密度48D
   下層50mm 密度31D
かたさ
上層30mm 硬さ45N
   下層50mm 硬さ170N
復元率
不明
反発弾性
不明
重量
シングルで6.5kg
4位 フレアベル
Point

国産ウレタンメーカーによる温度調節してくれるマットレス

中反発フォームとかいう独自の言葉を作り出し商標までとって採用しているマットレス。芯材が温度調節してくれる?らしい。Outlastみたいなもんかな?あれあんまり意味ないんだよなあ。構造は高反発と中反発の二層構造。密度や反発弾性は不明の上、厚み10㎝のシングルで35,000円という強気な価格設定。
価格帯
35,000円
サイズ
横97cm×縦195cm×厚み10cm
密度表記
不明
かたさ
210N
復元率
98%
反発弾性
不明
重量
不明
5位 AEROFLOW(エアロフロー)
Point

ナフコ系列で販売されている女性向けマットレス

密度とかそういう情報が非常にフワっとしたマットレス。ナフコで試せるのが強みブラジャーのカップの素材を活かした包み込まれるような芯材ということだが、中国製で8cmの厚みの割には価格が高すぎる
価格帯
30,350円
サイズ
横97cm×縦201cm×厚み8cm
密度表記
なし
かたさ
不明
復元率
不明
反発弾性
不明
重量
不明
6位 モットン
Point

怪しい商品から脱却した高反発マットレス

モットンロゴ

昔、散々このサイトでこき下ろしたこともあるモットンですが、今は不死鳥の如くまっとうな高反発マットレスを生産するブランドになりました。

第三者機関のお墨付き密度30Dで国産を実現したのは素晴らしいとしか言いようがありません。私がいまだに嫌いなのはモットンの胡散臭い公式サイトだけになりました。

値段は強気にマニフレックスと同等ですが100日返品保証付きで、保証の条件さえクリアする自信があるのならば初心者にお勧めです。

価格帯
39,800円
サイズ
横97cm×縦195cm×厚み10cm
密度表記
30D(KAKEN)
かたさ
自称140N、170N、280N
復元率
96%(KAKEN)
反発弾性
不明
重量
7.5㎏
7位 タンスのゲン三つ折り 高反発マットレス
Point

断トツ安い高反発マットレス

売れている商品からインスパイアを受け独自に中国で大量生産し薄利で販売するのが得意なタンスのゲンさんから販売される高反発マットレスです。

目を疑うような頭2つはとびぬけた価格の安さ、密度も30Dを標榜して文句なしの商品かと思われがちですが、私はいまいちこの商品を信用していません。というのも過去3度も購入したのにも関わらず、一度たりとも長く使うことができなかったからです。

しかしながら売れているのは確かなので、7位にランク付けしてバランスをとることにしました。

価格帯
6,980円
サイズ
横97cm×縦195cm×厚み10cm
密度表記
自称30D
かたさ
自称210N
復元率
不明
反発弾性
不明
重量
6.47kg
8位 ごくみん(GOKUMIN)
Point

Amazonで結構売れてる激安 高反発マットレス

個人的には密度34Dでこの価格は不可能だと思ってます。第三者機関の証明を提示しなければスペックなんて何とでも騙れるし、ハイスペックを自称した上で価格を安くつければそりゃ売れるよねっていう私にとってはとてつもなく怪しげな商品。

しかもスペックの販売元:日本(※最近「開発元:日本」に修正されました)って書いてるのは明らかに製造元:日本だと勘違いさせるための悪質な表記。これで寝れる人は正直どんなマットレスでも寝れるんじゃないかと思います。

とは言え、売れてるのは事実。タンスのゲンと同様、マットレスならなんでも体に合う人というのは一定数いるようで、私もバランスをとるため8位とさせていただきました。
価格帯
7,980円
サイズ
横95cm×縦195cm×厚み5cm
密度表記
自称34D
かたさ
自称180N
復元率
自称99.1%
反発弾性
不明
重量
3.7kg
9位 エイプマンパッド
Point

密度30Dの元祖15,000円台マットレス

エイプマンパッドロゴ

低価格・高品質の代表だったのがエイプマンパッドです。過去形なのは、今や高反発マットレスは高品質で1万円中盤の価格が溢れているからです。返品保証はあるものの返品できる期間がシビアなところ(90日経過後の1週間が返品可能)がモットンと同じく、個人的にはモヤっとさせます。
価格帯
9,800円~15,800円
サイズ
横95cm×縦195cm×厚み5~10cm
密度表記
30D(BOKEN)
かたさ
170N(BOKEN)
復元率
98%(BOKEN)
反発弾性
不明
重量
4㎏~7kg
10位 エアウィーヴ
Point

軽さと洗える清潔感を重視するならこれ!

エアウィーヴロゴ

中の芯材がウレタンではない高反発マットレスです。なのでウレタンマットレスよりも軽くて通気性が高く洗えるから清潔で、お布団に慣れてる人にとっては有能なベッドマットレスと言えるでしょう。

但し、ウレタンの高反発マットレスとはまた違った寝心地ですし、好き嫌いのはっきり分かれるベッドマットレスです。元スケートの浅田真央さん、テニスの錦織圭選手、タレントの渡辺直美さんなどが愛用しています。マニフレックス同様に様々な家具屋やデパートで試すことができるというのが強みです。

多額のブランディング費用が製品に乗っかっているため、耐久性の低さや使ってる素材に対して値段が高すぎるのが大きな欠点です。

価格帯
25,000円~300,000円
サイズ
横100cm×縦195cm×厚み6cm
密度表記
不明
かたさ
不明
復元率
不明
反発弾性
不明
重量
7kg

 

▲上へ戻る